menu

「政策起業力シンポジウム2019」

私たちは、
公共政策と共にどう生きるか。

―令和日本の政策起業力と
パブリック・キャリアを考える―

2019. 9. 9. Mon.    
University of Tokyo Ito Hall

MESSAGE

イベント趣旨

この国の政策創りはどこへ向かうのか

 年号が令和に変わり、新しい時代を迎えた日本。平成に積み残した政策課題が眼前に横たわる中、日本は今、新たな政策課題解決のアプローチ―「政策起業」を求めています。

 例えば震災復興・地方創生の現場で、行政・NGO/NPO・企業の連携による課題解決が加速し、対外政策でも研究者が政策当局に貢献する機会が増えています。そして、若手政治家・行政官の間では、霞が関改革と新たな政策課題解決手法を求める機運が高まっています。

 それに伴い、今後は政策にかかわるパブリックなキャリアは、政治家や行政官を超えて開かれたものとなり、同時に政治家・行政官の資質・キャリアも変わっていくかもしれません。働き方/キャリアが多様化する中で、官と民、実務と学究−従来の分野や組織の垣根を横断・架橋して政策課題解決に尽力するリーダー達の姿にも、注目が集まり始めています。

 本シンポジウムでは、様々な業界・分野の有識者と共に、革新を模索する日本の政策課題解決と、伴い変わるパブリックなキャリアというテーマにつき、議論を深めていきます。


※大変申し訳ございませんがお申し込み多数につき、基調講演・全体パネルディスカッションは満席となっております。個別分科会のみ参加申し込みを受け付けております。

政策創りが変わり、私たちのキャリアも変わる?

震災復興から科学技術政策まで、政府だけで解決できない政策課題に直面する日本。霞が関・行政官のみが、政策を仕事とする時代は終わりつつあります。政・官・産・学、市民社会の垣根を超え、全ての人々が政策を共創する時代が到来するとき、私たちのキャリアはどう変わるでしょうか。今後の日本の政策創りと、伴い変わるキャリアの姿を、各界の有識者と議論していきます。


※大変申し訳ございませんがお申し込み多数につき、基調講演・全体パネルディスカッションは満席となっております。個別分科会のみ参加申し込みを受け付けております。


2次申し込み受付中(分科会のみ)

2次申し込み受付中(先着)

お申込みはこちら


SPEAKERS

講演・討論予定者

基調講演
高原明生
東京大学公共政策大学院院長
大学院法学政治学研究科教授
基調講演
小泉進次郎
自由民主党厚生労働部会長
衆議院議員
全体パネルディスカッション
小林史明
衆議院議員
自由民主党青年局長代理
行政改革推進本部事務局長
須賀千鶴
世界経済フォーラム
第四次産業革命日本センター長
鈴木寛
東京大学公共政策大学院教授
藤沢烈
(一社)RCF代表理事
特定非営利活動法人新公益連盟理事・事務局長
船橋洋一
(一財)アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長
元朝日新聞社主筆
分科会A
石山アンジュ
(一社)Public Meets Innovation代表理事
(一社)シェアリングエコノミー協会事務局長
内閣官房シェアリングエコノミー伝道師
塩崎彰久
長島・大野・常松法律事務所
パートナー・弁護士
田中秀明
明治大学公共政策大学院教授
堀本善雄
金融庁総合政策局審議官
分科会B
越野結花
戦略国際問題研究所(CSIS)研究員
佐竹知彦
防衛省防衛研究所
政策シミュレーション室
主任研究官
佐橋亮
東京大学東洋文化研究所准教授
鈴木一人
北海道大学公共政策大学院
副院長・教授

※登壇者は各セッションごとに50音順で掲載しています。
※講演者・討論者は変更になる場合があります。

PROGRAM

イベント内容

14:00-14:30 14:00

14:30
開場・受付
14:30-14:35 14:30

14:35
開会挨拶
会場:伊藤謝恩ホール

船橋洋一 (一財)アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長

14:35-14:55 14:35

14:55
開会講演
会場:伊藤謝恩ホール

高原明生 東京大学公共政策大学院 院長

14:55-15:00 14:55

15:00
休憩
15:00-15:45 15:00

15:45
基調講演①
会場:伊藤謝恩ホール

小泉進次郎 自由民主党 厚生労働部会長

15:45-15:55 15:45

15:55
休憩
15:55-17:05 15:55

17:05
全体パネルディスカッション
『令和時代の政策起業-政・官・民/社・学の多様なステークホルダーで考える-』
会場:伊藤謝恩ホール

小林史明 自由民主党 青年局長代理

須賀千鶴 世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター センター長

鈴木寛 東京大学公共政策大学院 教授

藤沢烈 (一社)RCF 代表理事

船橋 洋一 (一財)アジア・パシフィック・イニシアティブ 理事長

17:05-17:15 17:05

17:15
休憩
17:15-18:25 17:15

18:25
個別分科会A
『変わる霞ヶ関とパブリックキャリア-“民官人”による令和時代の政策起業の姿-』
会場:伊藤謝恩ホール

石山アンジュ (一社)Public Meets Innovation 代表理事

塩崎彰久 長島・大野・常松法律事務所 パートナー・弁護士

田中秀明 明治大学公共政策大学院 教授

堀本善雄 金融庁 総合政策局 審議官


個別分科会B
『新領域/フロンティアの外交・安全保障-研究と政策を繋ぐこれからの研究者の役割-』
会場: 福武ホール 福武ラーニングシアター

越野結花 戦略国際問題研究所 研究員

佐竹知彦 防衛省防衛研究所政策シミュレーション室 主任研究官

佐橋亮 東京大学東洋文化研究所 准教授

鈴木一人 北海道大学公共政策大学院 副院長

19:00-20:30 19:00

20:30
懇親会
20:30 20:30
解散

※登壇者は各セッションごとに50音順で掲載しています。
※プログラムは変更になる場合があります。最新の情報は本Webページ上で随時発信します。


2次申し込み受付中(分科会のみ)

2次申し込み受付中(先着)

お申込みはこちら


OUTLINE

イベント開催要項

「政策起業力シンポジウム2019」
私たちは、公共政策と共にどう生きるか。
ー令和日本の政策起業力とパブリックキャリアを考えるー

2次申し込み受付中(先着)

開催要項

日時

9月9日(月曜日)14:30-20:30

場所

東京大学本郷キャンパス伊藤謝恩ホール

参加費

無料(懇親会参加費1000円)

定員

400名(2次申し込み分は先着順となります)

主催

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ

共催

東京大学公共政策大学院

※登壇者・プログラム・会場などは変更になる場合があります。